高濃度水素水

水素水は色々ありますが水素濃度より重要なことは

 

 

水素水に水素濃度より重要なことは・・・

 

ありません!

 

時々水素水には水素濃度は重要じゃない!というようなネットの情報がありますが、そんなことはありません。
水素は多ければ多いほどヒドロキシラジカルを代表とする悪玉活性酸素を除去(これを還元と言います)する効果の期待度が高まります。

 

 

ちょっと話は逸れますが、

 

 

スポーツ選手などは怪我した患部に直接水素水を注射します。
これは水素が炎症を起こした患部にダイレクト水素が効果を発揮することを狙っているためです。

 

水素はこの世で最も小さいので、抜けやすいというデメリットがあります。
だからこそ、抜けてしまう可能性を考慮して水素量というのは大切なんです。

 

 

水素水の効果を期待できるのは、その水素濃度が0.8ppmからと言われています。
中には0.8ppm以上は意味がないという人もいますが、どうなんですかね。

 

 

水素は小さいので体の中で還元する働きがなければ体から抜けてしまうだけです。
その代り、悪玉活性酸素が多ければ多いほど活躍する場は増えるわけです。

 

 

その意味でも、水素の量は多ければ良いことはあっても悪いことはありません。

 

 

水素が多いと体にある他の原子に結合して毒性を発生させるとかいうレポートはないので。

 

 

水素水は他のミネラルウォーターよりは高価です。
これは特殊な技法を使って水素を発生させる仕組み、そして発生させた水素を逃がさないようにするための容器の開発にコストがかかるから。

 

もう少し水素水の効果が普及すれば規模の経済メリットで水素水は安くなるかもしれませんが。

 

 

 

水素濃度以外に気にした方がいいことは

 

まず、水素水というからには水素濃度が最も重要だということはお分かり頂けたかと思います。

 

 

それを踏まえて、水素濃度以外に気にしたことがいいのは、

 

軟水か硬水か

 

ということです。

 

 

これは簡単に言うと、飲みやすいか飲みにくいか。

 

当然ですが、軟水の方が飲みやすいですね。
また、軟水の方が比較的水素が抜けにくいという特徴もあるようです。

 

一方、硬水はダイエット効果があると言われています。

 

セブンウォーターは自分で高濃度水素水を作ります。
お年寄りの方だったら軟水から水素水を作るのがいいでしょうし、
ダイエット目的の方だったら硬水から水素水を作るのがいいかもしれません。

 

また、

 

セブンウォーターは水道水からでも高濃度の水素水を作ることが出来ます。
そして、日本の水道水は他のミネラルウォーターと比較して最も安全と言われてますが、

 

塩素の臭いがして飲みにくいのが事実!

 

 

その意味でも、セブンウォーターで高濃度水素水を作るときはミネラルウォーターを使うことが個人的にはおススメですね。
特に東京にお住まいの方は。

 

 

まぁ、水道水から水素水を自分で作れるというのはかなりなメリットだし、

 

余計な出費をしたくない
自分の家の水道水は普通に飲める

 

という方は水道水をベースにセブンウォーターで高濃度水素水を使うのがいいでしょうね。
うらやましい限りです。


セブンウォーターの効果 水素水レシピ セブンウォーターの口コミ 水道水で作れるか?