セブンウォーターとアキュエラ水素水の比較

どっちも高濃度水素水が作れる水素水キット!セブンウォーターとアキュエラ水素水

もうあなたもご存知かもしれませんが、セブンウォーターとアキュエラ水素はどちらも高濃度水素水を自宅で作れる水素水キットです。

 

色々なサイトで両者の比較をしてますが、他のサイトで触れてることも、あまり触れられてないことも一緒に比較してみます。

 

私のセブンウォーターとアキュエラ水素の比較ポイント

 

水素水キットの価格
水素水が出来るまでの時間
水素水を購入した後

 

と、細かい比較の前に簡単に結論から言うと

 

セブンウォーターとアキュエラ水素水だったら断然セブンウォーターをおススメします!

 

水素水に最も必要な水素濃度では両者ともにほとんど差はありません!

 

価格とか水素水が出来るまでの時間とか細かいことは若干差はありますが、

 

アキュエラ水素水は定期購入しないと不定期に営業電話がかかってくるところがはっきり言ってウザいんです。

 

セブンウォーターの方は定期購入しなくても電話がかかってくることはありません。

 

どっちかで迷ってるならセブンウォーターのほうがおススメです。

 

セブンウォーター公式サイト

 

とはいっても、ちゃんと詳しく比較を見たいというあなたのために以下書いてます。

 

アキュエラ水素水

 

アキュエラ水素水

 

アキュエラ水素水の水素水キットの内容と価格

 

  • 超過飽和水素発生剤×30個
  • 溶存水素濃度判定試薬×1個
  • 専用耐圧ペットボトル×2個
  • カプセル×2個
  • スポイト×2個
  • キャップ×2個

 

価格は初回のみ送料無料6.900円で、追加の水素発生剤は6800円です。

 

単純計算で500ミリリットルの水素水が230円で飲めます。
継続するなら定期コースへの申し込み必要です。

 

そのまま放置しておけば2回目以降何も送られてきません。

 

アキュエラ水素水の作り方

 

  1. 耐圧ペットボトルに、上から3.5センチほど残して水(浄水、ミネラルウオーター等)を入れます。
  2. 水素発生キットに水素発生剤を入れ、スポイトで少量の水を加えて発生キットに入れます。
  3. そのカプセルを@の水が入った耐圧ペットボトルに入れて固く蓋を閉めます。発生する水素が抜けないようにします。
  4. 2〜3分待つと、カプセルの中ら水素が発生、その水素が耐圧ペットボトルの中に充満していきます。
  5. 水素の発生が止まったら耐圧ペットボトルを30秒程強く振って、ペットボトル内に溜まった水素と水を混ぜ合わせます。
  6. これで高濃度水素水が完成。

 

ここがアキュエラ水素水の最大のメリット!

 

水素濃度約5.0ppmを飲みたいなら約5〜10分でOK。

 

約7.0ppm水素濃度で飲みたいなら24時間放置が必要です。

 

アキュエラ水素水で残念なこと2つ

 

水素水を作る手間

それほど時間はかからないんですが、セブンウォーターと比べると水素水をセットする手間がかかります。
セブンウォーターの場合はペットボトルに水素発生剤を入れるだけですが、アキュエラ水素水の場合はカプセルに入れて水をスポイトで湿らせて。。。

 

とひと手間かかります。

 

不定期にかかってくる営業電話

定期購入しているなら別ですが、アキュエラ水素水を初回お試しで購入すると定期的に営業電話がかかってきます。

 

申し訳ないんですが、

 

個人的にはこれが結構ウザいとと思いました。

 

しかも、「購入するときはするから電話は結構です」と断っても電話して来ました。。。
今でもたまにかかってきます。。。

 

 

セブンウォーター

 

セブンウォーター

 

次にセブンウォーターのスターターキットセットの内容と価格

 

超過飽和水素発生剤×30個
耐圧ペットボトル×2
予備のペットボトルキャップ×3個
水素濃度判定試薬×1個

 

価格は初回5600円です。
定期コースの場合は2回目以降5400円(継続を希望しない場合後日解約手続き必要)です。

 

 

セブンウォーターの作り方

 

  1. 耐圧ペットボトルに水素を溶かしたい常温の飲料を入れます。(水、ミネラルウオーター、お茶、紅茶)耐圧ペットボトルいっぱいに入れるのがポイントです。
  2. 水素発生剤を耐圧ペットボトルに入れ、蓋を固く閉めます。閉めがあまいと隙間から水素がもれ、水素濃度が十分に高まりません。
  3. 水素濃度が高まるまで常温で置きます(水素を発生させている間に冷蔵庫に入れて冷やしてしまうと水素発生がしにくくなります)12時間前後で5.0ppm、24時間前後で7.0ppm水素水ができます。水素発生後なら冷蔵庫に入れて冷やしても問題ないです。
  4. 飲む直前に耐圧ペットボトルを30秒程強めに振って完成です。

 

アキュエラ水素水は5.0ppm水素が最短10分程度で水素水が完成しますが、セブンウォーターは最短で12時間かかります。

 

 

セブンウォーターは水素発生剤が飲料と直接反応するので、飲料の性質が化学反応に強く影響し結果的に、常温、中性もしくはアルカリ性の飲料のみでしか水素水が作れない仕組みになっています。

 

結果、水以外にもお茶、紅茶に溶かすことができますが、オレンジジュースや炭酸飲料などPH5以下の酸性飲料には水素発生、の性質上使用できません。

 

 

一方、

 

アキュエラ水素水は飲料と水素発生材剤が隔離されており、化学反応が飲料に左右されることはありません。
したがってペットボトルの変形が懸念される40℃以上の温かい飲料水以外であれば、pH5以下の酸性飲料に水素を溶かすことができます。

 

まぁ水やお茶以外にはあんまり使いません。

 

 

セブンウォーターとアキュエラ水素水の比較をまとめます

 

冒頭でもいいましたが、セブンウォーターとアキュエラ水素水で迷ってるならセブンウォーターがおススメです。

 

価格も安いし、電話もしつこくないし。

 

私の場合は両方試しましたが、相性なのかセブンウォーターのほうが効果を実感できました。
詳しくはこのサイトの、セブンウォーターを1か月続けて私が感じた3つの効果をご覧ください。

 

 

 


セブンウォーターの効果 水素水レシピ セブンウォーターの口コミ 水道水で作れるか?